Business partner trouble

       

企業間・取引先トラブル

事業紹介
事業紹介
事業紹介

企業間取引では、BtoC取引と異なり一般に取引量や取引金額が大きくなります。
また、企業間の信用を基礎とした継続的な取引になることが多いため、法的問題の複雑性も増します。
トラブルを未然に防ぎ、ビジネスに効果的な契約書の作成をサポートいたします。
取引先とのトラブルを未然に防ぎ、万が一のときには損失を最小化できるようサポートいたします。

企業間・取引先トラブル

次のようなことでお困りではないですか?

  • 商品又はサービスの料金について値下げを要求された 商品又はサービスの料金について値下げを要求された
  • 契約締結後に取引先から解約の申し出があった 契約締結後に取引先から解約の申し出があった
  • 契約の解約を求めたら、高額な解約料を請求された 契約の解約を求めたら、高額な解約料を請求された
  • 取引先の支払い遅延により、資金繰りが厳しくなった 取引先の支払い遅延により、資金繰りが厳しくなった
  • 納品遅れにより、取引先から損害賠償請求された 納品遅れにより、取引先から損害賠償請求された
  • 商品又はサービスに欠陥があるとして損害賠償を請求された 商品又はサービスに欠陥があるとして損害賠償を請求された
イメージ

自社が法的トラブルに巻き込まれることなど、多くの中小企業経営者は想像したことがなかったかもしれません。

しかし、近年、中小企業においても、企業間取引で思わぬトラブルに巻き込まれるケースが非常に増えています。

多くのビジネスは企業間の契約によって成り立っているため、細心の注意を払って企業経営を行っていたとそいても、トラブルを100%予防することは難しいのです。

また、トラブルが発生し、相手方に対して法的措置を採りたい場合や、相手方から訴えを起こされそうな場合も、専門知識の乏しい経営者自身で対応してしまうと、トラブルは余計に大きくなってしまうものです。

イメージ

当事務所でサポートさせていただくことで、下記のような解決を図ることができるようになります。

  • 企業間トラブルを未然に防ぐための措置を会社に導入することができます。 企業間トラブルを未然に防ぐための措置を会社に導入することができます。
  • トラブル発生時には、御社の代理人として交渉や訴訟を行い、問題解決を図ります。 トラブル発生時には、御社の代理人として交渉や訴訟を行い、問題解決を図ります。
  • 企業間取引の専門知識を有する弁護士がサポートするために、日々の業務遂行に専念できます。 企業間取引の専門知識を有する弁護士がサポートするために、日々の業務遂行に専念できます。
  • 顧問契約により貴社の業務内容を事前に把握することでさらに機動的な対応が可能となります。 顧問契約により貴社の業務内容を事前に把握することでさらに機動的な対応が可能となります。

–>

よくある質問

顧問先企業には、どのような会社が多いですか?
IT、介護、運送業が多く割合を占めています。
顧問弁護士の名前をホームページへ掲載できますか?
可能です。
ホームページへ掲載いただくことで、カスタマーハラスメント等、悪意ある外部者からの無用な干渉を防ぐことができます。
また、コンプライアンスの信頼度が向上し取引先からの信頼を得やすくなります。
中国法務に関しても相談できますか?
申し訳ありません。中国法務は取り扱っておりません。
顧問弁護士にはどのようなことが相談できますか?
労務トラブル、企業間トラブル、債権回収などの法的紛争に関する相談だけでなく、予防的観点から新規事業の適法性調査や契約書のレビューなどもご相談いただくことが出来ます。
どの分野を重点的に取り扱っている弁護士がいますか?
企業法務として労働分野(使用者側)、知的財産分野、業種として、IT、介護、運送業、不動産業などを重点的に取り扱っております。
地方で裁判があった場合も対応できますか?
対応可能です。ただし、裁判所出頭にかかる日当・交通費等が別途かかる場合がございます。
従業員の福利厚生としてどのような相談を依頼できますか?
アーヴェルではEAP(従業員支援制度)を取り扱っており、従業員のプライベートな法律問題として、相続、離婚、交通事故、債務整理、刑事事件などの案件のご相談、ご依頼もいただくことが可能です。

ご相談事例

お問い合わせ

0522095547
お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ