名古屋の債権回収弁護士による法律相談

Debt Collection

       

債権回収

事業紹介
事業紹介
事業紹介
IT法務

次のようなことでお困りではないですか?

  • 売掛金を支払ってくれない 売掛先に再三督促しても売掛金を支払ってくれない。
  • 支払が滞っているという噂 取引先が他からも督促を受けており支払が滞っているという噂を聞いた。
  • 毎月の売掛に対して支払いが少ない 長年の継続取引でなかなか言い出せないが、毎月の売掛に対して支払いが少なく売掛残が相当な金額になってきている。
イメージ

債権回収はスピードが重要です。他の債権者に先んじて回収できなければ、倒産等により回収不能となるリスクが高くなります。
未回収債権のマイナスはそのまま利益のマイナスに反映するものですから、未回収を放置することは経営に多大な悪影響を与えます。早期に債権が回収できるよう、法的手続きを見据えた回収策を進めていく必要があります。

イメージ

当事務所でサポートさせていただくことで、下記のような解決を図ることができるようになります。

  • 早期に回収 未回収債権を早期に回収できる。
  • 迅速に回収する方策 可能な限り法的手続等費用をかけずに迅速に回収する方策を講じられる。
  • 費用対効果の良い回収策 少額債権でも費用対効果の良い回収策を講じられる。

01迅速対応

債権回収は何よりも迅速対応が重要です。
アーヴェルは、「迅速・誠実・親身」を重視しており、債権回収に向けた迅速対応を心がけております。

02費用対効果を重視した対応

債権回収において、回収のためにかかる費用が回収金額に見合わなければ、回収を行う意味がありません。アーヴェルでは、少額債権などの場合、弁護士に委任する費用が回収金額に見合わないときは、少額訴訟等、自社で対応できる対策法をアドバイスさせていただくことで、債権額に見合った適切な回収方法をお伝えします。

03強制執行の実績

判決を取得しても、債務者が任意の支払いを拒否する場合は、強制執行によって強制的に回収をしなければなりません。アーヴェルでは、強制執行の実績も多く、強制執行による回収のための方策をご提案させていただきます。

解決事例紹介

Case01

業種 建設業
従業員数 1名
課題

元請から請負代金を支払ってもらえない。

施策

施工に問題はなく、請負代金債権があることは明らかであったため、施主に対する元請の工事代金債権について仮差押の手続を行いました。

成果

仮差押命令が裁判所から施主に通知された結果、元請としては信用にかかわるため、仮差押を取り下げることを条件として、至急全額が支払われることとなり、全額の回収ができました。

お客様の声

元請から支払われないまま泣き寝入りかと思っていましたが、こんなにスムーズに全額回収ができるとは思いませんでした。

所感・解決のポイント

仮差押の手続を効果的に利用できた好事例であり、法的手続きによるプレッシャーが功を奏した事例です。

Case02

業種 不動産業
従業員数 20名
課題

取引先が、資金繰りが苦しいと言って売買代金を支払わず、一円も払ってくれない。

施策

仮差押、訴訟提起の上、裁判上の和解にて分割弁済とともに抵当権の設定等担保を付す内容で和解しました。

成果

和解後、一定期間は分割金の支払いをしてきましたが、結果として滞ったため、強制執行とともに、設定した抵当権を実行し、売却代金から回収を行いました。

お客様の声

高額な債権で、相手の対応も嘘が多く、詐欺的な会社でしたが、訴訟を通じて担保を取得できたことで、ある程度の回収ができ、安心しました。

所感・解決のポイント

最終的に強制執行の手続まですべて行うこととなりましたが、訴訟の過程において、資産価値のある不動産に抵当権を設定する内容で和解ができたため、回収のめどが立った案件でした。訴訟において資産の開示をさせたことで、同時に資産調査ができた点がポイントです。

サービス別料金(比較表)

掲載準備中

サポートの流れ

ご相談
STEP 1 ご相談
債権について未回収の状況、理由についてヒアリングを行い、対応策をご提示します。代理人として受任する場合、法的手続きを執る場合の見積もり等の概算もご提案します。
お見積り
STEP 2 お見積り
必要に応じ、正式に代理人として受任する場合、法的手続きを執る場合の見積もりをご提案します。
受任
STEP 3 受任
委任契約を取り交わしたうえ、代理人として受任致します。
通知・督促
STEP 4 通知・督促
代理人として、債務者に対する通知及び督促を行い、債権の回収を行います。
訴訟等法的手続
STEP 5 訴訟等法的手続
債務者が対応しない場合、保全、訴訟、強制執行等の法的手続きを行います。

よくある質問

弁護士が対応するメリットは何ですか。
弁護士が受任し、内容証明郵便にて受任通知を行う場合、債務者としては、今後訴訟等の法的手続きを起こされるリスクが高まったと認識します。訴訟対応による更なる損害拡大を懸念し、他の債権者に先んじて支払をしてくる可能性が高まる点がメリットと言えます。また、法的手続へのスムーズな移行により、回収への迅速対応が可能となります。
自社で債権回収する方法はありますか。
弁護士費用や訴訟費用を負担することで回収の手取りが減るよりも、自社で債権回収ができれば最も効率的と言えます。アーヴェルでは、支払督促、少額訴訟等、自社でも執りうる法的手続の執り方をアドバイスさせていただき、弁護士費用等を抑えていただく方策もご提案させていただきます。
少額の債権なのですが、対応可能ですか。
弁護士費用よりも少額となってしまう場合、法律相談の範囲で、少額訴訟等自社にて回収ができる方策をアドバイスさせていただきます。

お問い合わせ

0522095547
お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ