相談事例一覧 - 労働問題 | 名古屋の弁護士

事業紹介
事業紹介
事業紹介

Consultation case

相談事例

Q1. 会社の業績が悪化していますので、この際思い切って賃金を引き下げたいと考えております。
就業規則や賃金規定を変更すれば、一方的に賃金を引き下げることができるのでしょうか。

Q2. 従業員を元請けからの発注がないことから自宅待機としています。
従業員から賃金の請求がなされた場合、支払わなければならないでしょうか?

Q3. 会社の経営状態が苦しいので、従業員の給料を最低賃金ギリギリにしたいと考えています。
従業員の給料が最低賃金に違反していないかどうかはどのように計算するのでしょうか?

Q4. 既に退職をしている従業員が、会社に対して退職してから4年経過後に退職金の請求をしてきました。
残業代と同じで時効が3年であれば、退職金を支払う必要はないのではないでしょうか?

Q5. 従業員から10年前から遡って未払い残業代の請求がなされました。
10年前から残業代を支払わないといけないのでしょうか。時効はあるのでしょうか?

Q6. 従業員に毎日残業をしてもらっていますので、当社においては、毎月5万円の営業手当を残業代の代わりとしていますが、従業員が残業代を請求してきた際には、支払わないといけないのでしょうか?

Q7. 従業員から残業代の請求がなされました。どうしたらいいですか?

ページの先頭へ