リーガルチェックについて | 名古屋の弁護士

事業紹介
事業紹介
事業紹介

業務紹介

リーガルチェック

ターゲット

Target

次のようなことでお困りではないですか?

IT法務

次のようなことでお困りではないですか?

  •  新規事業を進めるにあたり、トラブルとならないよう、自社を法的に守れるしっかりした契約書を作成しておきたい。
  •  会社の成長に伴い、取引量・取引金額が大きくなってきており、そろそろしっかりした契約書を作成しておきたい。
  •  これまで使用している契約書は相当古く、法改正などにも対応しているかどうかチェックの上、アップデートしたい。
  •  インターネット上の契約書の無料ひな型を利用しているが、法律的に問題がないか不安が残る。
  •  取引先から契約書の確認・署名を求められることが多くなったが、本当に自社にとって問題がないか都度確認しておきたい。

共感

Sympathy

イメージ

見込客の悩みや問題点を明確にしつつ共感を示しながら、まずは話しを聞いてくれる状況に持っていきます。

取引関係における法的トラブルが訴訟等の法的手続きにまで発展する最大の理由は、取引開始当時に想定していなかったリスクが生じたり、取り決めた内容に認識に齟齬があったり、合意内容の証拠が残っていなかったりすることにあります(言った言わないのトラブル)。特に、会社が成長するにつれ、新規事業への拡大や取引量・取引金額が大きくなり、これに伴い、不可避的に、法律上生じるリスクの程度も頻度も拡大していくことになります。このような成長期にある企業にとって、法的リスクの予防・回避のためには、なによりも、取引ごとに適法・適切な契約書を作成しておくことが非常に重要となります。

ベネフィットの提示

Benefit

イメージ

当事務所でサポートさせていただくことで、下記のような解決を図ることができるようになります。

  •  新規事業を進めるにあたり、自社を法的に守れる必要十分な契約書を作成し、後日の法的トラブルを予防・回避できる。
  •  取引量・取引金額が大きく、法的リスクの大きい取引について、適切な契約書を作成し、後日の法的リスクを予防・回避できる。
  •  法改正などにも対応したアップデートな契約書を作成し、契約内容の抜け・漏れを防ぐことができる。
  •  契約書の問題点、有利不利を明確にし、自社に有利な契約内容に改善することができる。
  •  取引先からの契約書の確認・署名の求めに対し、迅速かつ適切に修正交渉等の対処ができ、自社の利益を守ることができる。

対象分野における強み

Strength

01契約書・作成対応の実績ある弁護士が在籍

弁護士法人アーヴェルでは、100社以上と顧問契約を締結しており、契約書の作成・チェックはほぼ毎日のペースで新規依頼がございます。他事務所と比較しても相当数の案件を扱っており、実績を有しています。

02迅速かつ的確な対応で、企業の守りを固める

弁護士法人アーヴェルでは、顧問先企業様で最も多いご依頼が契約書の作成・チェックです。
迅速かつ的確な対応には定評がございます。企業間取引においては、契約書の作成・チェックも迅速対応が必要とりますが、弊所では、概ね1~3営業日以内には迅速回答をし、急ぎの案件の場合は、要望に合わせたスピード感で対応をしております。結果として、営業→法務間の部署内でのコミュニケーションも機動的に行うことができ、適切な修正を適時反映することができています。

03AIによる契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を活用

弁護士法人アーヴェルは、AIによる契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を導入しております。LegalForceは、AIによる契約書の自動レビュー機能を備えた、契約書レビュー業務をミスなく・すばやく行うための 「契約書レビュー支援ソフトウェア」です。最先端のAIシステムをいち早く導入することで、契約書作成・契約書チェックにおける質を高め、迅速かつ的確なリーガルサービスを提供できるよう、取り組んでおります。

解決事例紹介

Case Study

Case01

業種 飲食業
従業員数 10名
課題

新店舗開設に際し、契約関係に問題がないか確認したい。

施策

賃貸借契約書等、新店舗開設に伴う契約関係のチェックを行う。

成果

賃貸借契約書が定期建物賃貸借契約とされており、契約の更新がなく、契約期間が満了すると明け渡しをしなければならないという致命的なリスクを指摘。依頼者は契約期間満了後も当然更新されていくものと誤解していたが、賃貸人にこの点を確認したところ、再契約の余地がないことが判明。賃借先店舗を長期的に賃借できる先に変更することとした。

お客様の声

賃貸借契約に潜むリスクについて教えてもらっていなければ、店舗に人気が出たころになって撤退・移転を余儀なくされていたおそれがあり、多大な利益を失う可能性がありました。契約書をチェックしていただいたおかげで、事前にリスクが回避できて本当に助かりました。

所感・解決のポイント

新規事業、事業拡大の際には、会社としてはプラス面ばかりに目が行き、リスク面(特に法的リスク)がおろそかになってしまうところが往々にしてあります。このようなタイミングで、リスク面でのご説明と回避のご提案をさせていただくことは非常に重要であり、また、より適切な経営判断を頂けるものと考えております。

Case02

業種 建設業
従業員数 30名
課題

建設土運搬事業において人材不足の中、コロナ禍における一時的な人材余りの状況が生じている観光事業のバス運転手をトラック運転手として車両の運行管理を行ってもらうビジネススキームを発案し、法的なリスクがないか、業務委託契約書のチェックの依頼をした。

施策

バス運転手をトラック運転手として一時的に他社の業務をさせることは、職安法及び派遣業法に抵触するリスクがあることを指摘し、厚生労働省が支援している在籍型出向の制度を提案。

成果

在籍型出向の制度を利用することで、助成金の利用も可能となり、ビジネススキームの適法性を確実にし、さらなる改善と営業力の強化も図ることができた

お客様の声

当初のビジネススキームに潜む法的リスク自体認識をしておらず、リスク回避ができたこともさることながら、さらに、ビジネススキームを改善し、助成金等が活用できたことで、新規事業をさらに拡大できる結果となりました。本当に良い提案を頂け、感謝しています。

所感・解決のポイント

契約書のチェックを通じて、ビジネススキームの適法性チェックも行うことができ、さらに、リーガル適法性調査の中で、顧問先にニーズに合った行政の施策を発見できたことは幸運でしたが、事業の発展に貢献できたことは何より嬉しく思います。

Case03

業種

スマートハウス事業

従業員数 30名
課題

建設土運搬事業において人材不足の中、コロナ禍における一時的な人材余りの状況が生じている観光事業のバス運転手をトラック運転手として車両の運行管理を行ってもらうビジネススキームを発案し、法的なリスクがないか、業務委託契約書のチェックの依頼をした。

施策

バス運転手をトラック運転手として一時的に他社の業務をさせることは、職安法及び派遣業法に抵触するリスクがあることを指摘し、厚生労働省が支援している在籍型出向の制度を提案。

成果

在籍型出向の制度を利用することで、助成金の利用も可能となり、ビジネススキームの適法性を確実にし、さらなる改善と営業力の強化も図ることができた

お客様の声

当初のビジネススキームに潜む法的リスク自体認識をしておらず、リスク回避ができたこともさることながら、さらに、ビジネススキームを改善し、助成金等が活用できたことで、新規事業をさらに拡大できる結果となりました。本当に良い提案を頂け、感謝しています。

所感・解決のポイント

契約書のチェックを通じて、ビジネススキームの適法性チェックも行うことができ、さらに、リーガル適法性調査の中で、顧問先にニーズに合った行政の施策を発見できたことは幸運でしたが、事業の発展に貢献できたことは何より嬉しく思います。

Support Flow

電話・メール相談
STEP 1 事前相談・ヒアリング
契約書作成・チェックについて、貴社のご希望内容についてヒアリングをさせていただきます。
面談
STEP 2 見積もり・費用説明
貴社の現在お悩みの法律トラブル、及び、事業内容・ビジネスモデルから今後必要となると想定される法的整備事項についてヒアリングをさせて頂きます。
顧問契約のご提案
STEP 3 顧問契約・委任契約締結
見積もりに基づき、ご契約を頂ける場合には、顧問契約書・委任契約書を作成の上、契約を締結します。
ご契約
STEP 4 契約書作成・チェックに関する顧問対応
顧問業務として、貴社の日常業務における法律トラブルの事前予防の観点から、契約書作成・チェック等に機動的に対応させていただきます。

よくある質問

FAQ

依頼に当たって金額を教えてほしい。
ご依頼前に、現在生じている法律トラブルのご相談、日常業務における法律トラブルの事前予防の観点から事前相談や契約書作成・チェック等、貴社のご希望内容についてヒアリングをさせていただきます。その上で、ヒアリング結果をもとに、ご依頼前にお見積りを提示し・費用を明示の上、ご説明をさせていただきます。
顧問契約ではなく個別の案件のみでの依頼は可能でしょうか。
企業様の案件対応の場合、会社の体制に従い迅速かつ適切な対応をさせていただくため、日常から会社の業務内容・財務状況等を把握させていただき緊密な連携体制を取らせていただく必要がございます。したがって、原則としては、顧問先企業様の案件のみをお受けさせていただいており、個別の案件のみでのご依頼は控えさせていただいております。何卒ご了承ください。
依頼はどのようにすればよろしいでしょうか。
ご依頼前の事前ヒアリングについては、原則無料とし、法律相談にわたる内容である場合のみ法律相談料をいただいておりますが、必ずご依頼いただく必要はございません。事前に費用が発生する前に、費用を明示・ご説明の上、ご了解いただいたうえで進めさせていただきます。
相談だけで依頼しなくても大丈夫でしょうか。
基本的には、プライバシーの確保された当事務所相談室に来訪いただき、ご相談いただきます。対面で丁寧にお話を聞き取りさせていただくため、電話、FAX、メール等でのご相談はお受けしておりませんので、あしからずご了承ください。
弁護士に相談するのは敷居が高いと感じます。
「弁護士は敷居が高い」「弁護士に相談するといくらかかるかわからなくて怖い」「相談したら説教されて何も解決せず返された」こんなお話をいまだによく耳にします。一般の方にとって、法律トラブルは一生に一度起きるか起きないかの一大事。でも、ご心配なく。当事務所は、どんなささいなお困りごと、ご相談でも親身になって丁寧にご回答いたします。
  • 事務所概要

    Profile

    Profile
  • よくある質問

    QandA

    QandA
  • ブログ

    Blog

    Blog

ページの先頭へ