【リーガルカウンセリング】 | 名古屋の弁護士

blog

     

ブログ

2021/02/24

【リーガルカウンセリング】

前回の続きです。

前回、リーガルカウンセリングが通常の法律相談とは異なる3つのポイントをご説明させていただきました。そして、リーガルカウンセリングの2つの目的についてお話をさせていただきます。

 

① 法的にどのように解決ができるのか

法的にどのように解決ができるのかといった視点で言えば、まわりに知り合いがいるとはいえ、何でも相談できるわけではありませんし、知り合いだからこそ、自身が問題を抱えていることを知られたくないという理由から、相談できないこともあります。

経営者は社員に相談できることもありますが、別面、株式の問題や経営、問題社員の対応など、経営者には、社員には相談できない悩みを持ち、孤独な側面があります。大企業の場合は顧問弁護士を抱えていて、些細なことでも常に顧問弁護士に相談しています。

リーガルカウンセリングは、こうした大企業の顧問弁護士に代わるものとして、経営者の皆様が抱えておられる不安、悩みを解消し、経営改革に邁進するための心強い味方となることを目的としています。1回話しただけでは解決しない場合もあるかとは思うのですが、そうした場合に、たとえ定期的に受けられても、顧問弁護士を抱えるよりはずっと気楽なかたちで、ご相談いただけるものと思っております。

 

② 法的問題に巻き込まれた方が直面するであろう心の問題について、どう考えると楽になる

リーガルカウンセリングの2番目のポイントである、法的問題に巻き込まれた方が直面するであろう心の問題の解決について言えば、法律問題は一般の人には何がおこっているのか、何が問題点で、どのように解決できるのかわかりません。そこで、法律の専門家である弁護士として、そのような方に、どこが問題点であり、どのように法的に解決できるのか見通しを持っていただくことによって、少しでも気持ちは楽になるものと思っています。

以前、訴状が届いたと言って相談に来られた経営者の方は、夜も眠れず、神経痛にまでなっていらっしゃいました。しかし、リーガルカウンセリングによって、「要はこうすればいいんですね」と理解いただき、「気持ちが楽になった」と、大変お喜びいただいたことがあります。それはとりもなおさず、私自身の喜びにもなっています。リーガルカウンセリングの意味もここにあると思っています。

このように、リーガルカウンセリングは、相談者の方に、困っていることを気軽に相談できるといった機会を提供させていただくとともに、法律問題だけではなく、気持ちとしても楽になっていただくことを目的にしております。これによって、相談者の方に悩みから解放され、充実した生活を送っていただきたいと考えております。

 

次回からは、具体的な一般的な法律相談とその回答、リーガルカウンセリングの視点を入れるとどういう回答になるか、をご説明していきたいと思います。

ページの先頭へ